スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

㈱心石工芸を見学

今日は広島の福山にある心石工芸さんを見学してきました

ソファーを作られている会社で、職人さんがたくさんおられました。

まず通してもらったのが、木工部でソファーの骨の部分である

木工部品を組み立てる工場から見ました。

画像は忘れましたが、中ではタッカーで色々な部品を取り付けて、組み立てていました。

ここでみんな5センチくらいの長さの芯でタッカーの試し打ちをさせてもらい

『おおーーー』とつぶやいていました。



写真 11-07-30 16 08 07


次は建物を移り、ソファーの中のウレタンなどを貼り付ける作業です。

職人さんが貼り貼りしております。


写真+11-07-30+16+11+03_convert_20110731042501



ソファーごとにコンセプトがあり、中に入れるウレタンの硬さをそのソファーごとに調節するようです。この作業で座り心地がじわーーーーと包み込まれるようなソファーになったりします。
写真+11-07-30+16+10+16_convert_20110731042357


次は2Fで、裁断、縫製です。まず目に付いたのは縫製工場にあるような、吸引しきのCAMなどが3台ほど、余裕で入るくらいのスペースで奥にはミシン類、とCADといった感じに整列されており、入って正面のところにものすごい数の革の棚がありました。
写真+11-07-30+16+14+17_convert_20110731042526


おそらくドイツのデュルコップだろうと思われるこのミシンはもっとも太いと言われる0番の糸をなんと、下糸にも使える総合送りの超極厚物ミシンでした。4,5ミリ厚の革を一折して試し縫いをみせてもらい、さらに折って縫っておられたので、合計2センチ超の厚みを縫製していました。これ、よく見たら腕ミシンですね。
写真+11-07-30+16+22+59_convert_20110731042801


そしてこれが下糸です。分かる人にはわかりますが、明らかにボビンが長いですよね。。。
写真+11-07-30+16+24+13_convert_20110731042820


このような総合送りや、普通のJUKIの本縫いや、ヤマトのロックミシンなど、20台以上ミシンがあったような気がします。
写真+11-07-30+16+30+04_convert_20110731043021


革を漉き漉きNIPPYくんです。
写真+11-07-30+16+18+47_convert_20110731042623


若い職人の方が革を裁断しておりました。
写真+11-07-30+16+18+17_convert_20110731042551


最後にショールームへ。
ここには合計10くらいのソファーがあり、基本的に少し固めの革ソファーがありました。固めと言ってもただ単に硬いわけでも、深く沈んで抜けられなくなるようなソファーでもなく、じわりじわり沈んでいく感じです。そして革が馴染んでやわらかくなっていくそうです。バディ←これが欲しくてたまらなくなりました。

まったりするためのさりげない肘の置き場があったり、背の角度で、ゆったりモードから、応接用なものまでありました。
シミになったり、落書きされたりも、すべて味だと言う社長さん。

革には、血管の跡や、虫にさされたり(小さい丸になっててカワイイww)とかで使えない部分がでてきます。特にいい革は北欧でベルギーやオランダなどがいいそうです。寒いから虫がすくないのだとか。
そして人間と相性のいい‘革’は人の油とも相性がよく、自身ではオリーブオイルも使うと言われていました。しかし少し臭いともww

日本でも有名な某ブランドの話で、プレタ用に使うように飼育された牛もいるとのこと。

みんなソファーにすわって社長さんの熱い思いを聞いたり質問したりしていました。

その枠1時間の予定が2時間くらい居た気がします。

社長の言葉で『ソファーは家族』と聞いた時に物以上の価値があるのだと感じました。イノベーションを大事にされている社長のもとではこれからどんなソファーが創造されていくのか興味がとまりません。

写真 11-07-30 16 40 36




ネット、仕事に活用 -原宿にこれまでにないクリエイティブスペース「THE TERMINAL」

大人も子供の楽しんだエキサイティングなMINIのイベント「MINI SAFARI」

NY発カスタマイズウォッチブランド上陸!

ブランドAdvertisting campaign(CM)が好き!!
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
広島ブログ 広島ブログ